注目キーワード
  1. 料理
  2. 再現
  3. レシピ
  4. マンガ飯

[食戟のソーマ再現]化けるふりかけごはん

こんにちは。プリンです。

今回は食戟のソーマ第2話のそうまが編入試験で作った化けるふりかけご飯を作りたいと思います。

材料紹介













結果:

作り方

⑴フライパンにごま油を熱し手羽先の両面をこんがりきつね色に焼く。この時かなり油が跳ねるので蓋をするなどしたほうがいいと思います。苦味が出たり色が悪くなるので手羽先に残った羽や血も取っておいてください。また、菜箸やトングなど長い調理器具を使った方が良いです。

⑵ ⑴の手羽先と①を鍋に入れ強火にかけ煮立ったらアクを取る。その後弱火で煮汁が半分になるまで煮込む。

材料に関してですがかつおだし汁を作る際は800ccくらいの水にかつお節を入れてください。(蒸発により量が減るため)

かつお節から作るのは面倒な人は本ダシなどでも大丈夫です。ただし、本ダシを使うと味が濃くなりやすいので量には注意してください!

アクは必ず取ってください!これを取らないと仕上がりに影響して苦味などが出ます。

煮汁を半分になるまで煮込むとありますが小さい鍋で煮ると手羽先によって煮汁の量が多く見えます。煮汁の量をよく確認して調理を行なってください!

⑶煮汁をパットかタッパーに入れ、粗熱をとって冷蔵庫で冷やし固める。手羽先は骨を外して細く切る。

今回はそのままタッパーに煮汁を入れたものとゼラチンを加えたもの2つ作っていきます。左がそのままのもので右がゼラチンを加えたものです。

⑷卵そぼろを作る。ボウルに卵を入れて溶き、②を加え混ぜる。フライパンで弱火にかけ菜箸で手早くかき回し細かいそぼろになったらさらにうつす。

卵そぼろを作る際は冷たいフライパンに卵を入れてから加熱してください。この状態でかき混ぜることで卵に空気が入りふわふわの食感になります。固まってきたら素早くかき混ぜてください。

火を付けてない状態から始める

⑸⑶が固まったらパットから外しだいたい1cm角にさいの目切りにする。

レシピ通りの煮こごりは切る時柔らかいためちょっと扱いづらいと思いました。ゼラチンを入れた煮こごりは形も崩れにくいため切りやすかったです。見栄えを気にする人はゼラチンを入れた方がいいかもしれません。

そのままの煮こごり
ゼラチンを加えた煮こごり

⑹あつあつのごはんに煮こごり、卵そぼろをのせてお好みで刻みネギをまぶして完成‼︎

ゼラチンを入れた煮こごりは少しだけ溶けにくいですが味も薄まっていなかったです。

煮こごりを入れすぎると溶けてつゆだくになってしまうので量には注意してごはんにのせて下さい!

化けるふりかけご飯

煮こごりの濃厚な旨味とふわふわの卵そぼろがすごく合います。使っているのは手羽先と卵の鶏の組み合わせつまり親子丼なので合わないわけないと思います。煮こごりは煮詰め過ぎると味が濃くなりやすいので煮こごりにする前に味見をして水を加えて調整してください。煮こごりがうまく固まらない場合は適宜ゼラチンなどを入れて固めてください!また、ふりかけご飯と一緒に手羽先の煮込みもでき一度に2つの料理を作ることができます。調理に少し手間がかかるかもしれませんが手間をかけた分美味しくなると思います。手軽に買える食材で作れるのでいつもと違った料理を作りたいと考える人や手羽先が好きな人は作ってみてはいかがでしょうか。

ブログランキングに参加していますので応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

にほんブログ村


全巻セットはこちら