注目キーワード
  1. 料理
  2. 再現
  3. レシピ
  4. マンガ飯

[食戟のソーマ再現]こづゆ鶏醤油ラーメン

こんにちは。プリンです。

今回は食戟のソーマ第9巻69〜71話の秋の選抜一回戦で田所恵が作ったこづゆ鶏醤油ラーメンを作りたいと思います。

今回はおまけで電子レンジで作る簡易干し野菜の作り方を載せたいと思います。天日干しなどがしづらい環境の人は参考にしてください!

材料紹介


スープ①




スープ②









作り方

⑴鍋にスープ①の材料を入れて火にかける。沸騰したらアクを取り、弱火で40分ほど煮てざるでこす。

アクを取らないとスープの濁りの原因になるので必ず取りましょう!ある程度煮込んでいるとアクは出なくなります。

アクをしっかりとったスープはこのように鳥の旨味が凝縮された透き通ったスープになります。

アクはしっかり取りましょう!
鶏の淡麗スープ

⑵鍋にスープ②の材料を入れ沸騰したら弱火で20分煮込む。

⑴と同様にアクが出たら取ってください!

アクをしっかりとったスープはこのように鶏ガラより澄んでいますが貝の旨味がしっかり出たスープになります。

干し貝柱の淡麗スープ

⑶きくらげは水で戻して石づきを取り、一口大に切る。里芋は皮をむいて一口大に切る。

きくらげの石づきは写真のように白っぽくなっている部分です。きくらげの石づきは毒があるわけではないので食べることはできますが、食感が悪くなってしまうのでとった方がいいと思います。

茶色ぽいのが石づき

⑷鍋にスープ①とスープ②を加えて混ぜ、酒、きくらげ、里芋、干し野菜を加え、白しょうゆ、薄口しょうゆで味をととのえる。

醤油を加えなくても干し野菜(特にごぼう)の色素によって澄んだスープが濃い色のスープになり最初はびっくりしますがこれは干し野菜の旨味が出ているということなので問題はありません。

⑸⑷でできたスープを器に入れ、茹でてしっかり水を切った麺を入れて完成‼︎

*こづゆ鶏醤油ラーメンに添える梅鶏和え

材料紹介

出汁を取った後の骨つき鶏もも肉・・・1枚

長ネギ(白い部分)・・・1/2本

梅干し・・・3個

みりん・・・小さじ1

酒・・・小さじ1

紫蘇(大葉)・・・5枚

ごま油・・・大さじ1

塩コショウ・・・適宜

作り方

⑴長ネギを千切りにして水にさらし、白髪ねぎにする。紫蘇も千切りにし、鶏肉は骨から身を取り外し、手でほぐす。

⑵梅干しは種を取り除き、包丁で叩いてペースト状にし、みりん、酒を加えてよく混ぜる。

⑶⑴と⑵で作ったものとごま油を和え、塩コショウで味をととのえて完成‼︎

かなり酸味が強いので酸っぱいのが苦手な方は梅干しを減らしたり梅干しのハチミツ漬けなどで代用してみてください!

味変としてラーメン入れて味わってください!

今回のラーメンはかなりあっさりとしていて食べやすいラーメンでした!味変として梅鶏和えを入れるとさらにさっぱりとして朝からでも食べれるレベルだと思います!干し野菜や煮込み時間はかかりますが調理時間としてはそこまで長くないのでいつもとは違うラーメンをお家で食べてみたい人は作ってみてはいかがでしょうか?

おまけ

干し野菜の作り方

人参は半月切り、しいたけは薄切り、いんげんは斜め半分に切り、ごぼうはささがきにしてそれぞれ重ならないように皿に広げ600Wの電子レンジで以下の時間加熱する。

人参・・・4分、裏返して4分

しいたけ・・・3分、裏返して3分

いんげん・・・5分、裏返して4分

ごぼう・・・4分、裏返して3分

加熱時間は目安なので足りないと思った場合は適宜加熱時間を増やしてください!

天日干しができる人は百均に野菜干しネットが売っているのでそちらでも試してみてください!

ブログランキングに参加しているので応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

全巻セットはこちら