注目キーワード
  1. 料理
  2. 再現
  3. レシピ
  4. マンガ飯

[食戟のソーマ再現]久我飯店直伝!麻婆豆腐

こんにちは。プリンです。

今回は食戟のソーマ第15巻120話で中華料理研究会に訪ねてきたそうまに久我照紀がふるまった麻婆豆腐を作りたいと思います。

材料紹介















*トッピング



作り方

⑴豆腐をキッチンペーパーで包み、耐熱皿に乗せ写真のように皿をのせて600Wで3分加熱しその後5分放置し、水切りをする。

豆腐の上に皿をのせることで豆腐の水切りを効率よく行う事が出来ます。水切りをしっかり行う事で調理中に豆腐から水分が出て味が薄くなるのを防ぎ、また型崩れしにくくなるので水切りを忘れずに行ってください!

皿を載せると重みで水分が抜けやすくなる

⑵粗熱が取れたら水切りした豆腐をお好みの大きさに角切りにし、豆豉と長ネギはみじん切りにする。

左が長ネギ、右が豆豉

⑶フライパンにごま油、すりおろしにんにくを熱し、香りがたったら豚ひき肉をしっかり炒める。さらに、豆豉、豆板醤、甜麺醤を順番に加え、焦がさないようによく炒める。

フライパンでごま油とすりおろしにんにくを熱するときにんにくがかなりはねるので注意してください。

豆豉、豆板醤、甜麺醤を順番に加えるとありますが、これは調味料の焦げやすさの順番で入れています。豆豉が一番焦げづらく甜麺醤が一番焦げやすいためこの順番で入れます。調味料が焦げてしまうと苦味が出てしまい完成した時の味わいが悪くなるのでこの順番で入れるようにしてください。

こんな感じになったら調味料投入!
焦げやすいので注意!

⑷⑶で炒めたものに鶏がらスープを加え、水気を切った豆腐と長ネギを加えて3分煮込む。煮込み終わったら紹興酒、しょうゆを入れ、塩コショウで味をととのえる。

この時豆腐や長ネギに調味料をまとわせるようにかき混ぜてください。豆腐は崩れやすくなっているので優しくかき混ぜてください。

鶏ガラスープを入れると赤くなります
混ぜるとき崩れないように注意!

⑸水溶き片栗粉でとろみをつけ、花椒を適宜入れて混ぜ、皿に盛る。ネギの小口切りとラー油をお好みでかけて完成‼︎

水溶き片栗粉は加熱したまま入れるとダマになりやすいので一度火を切ってから入れ、全体に片栗粉がいくように混ぜてから火をつけてください!お好みのとろみにならない場合は適宜片栗粉を足してください!

久我飯店直伝!麻婆豆腐

このレシピ通りに作るとかなり辛味の強い麻婆豆腐が出来ます。辛いのが苦手な方は豆板醤を減らしたり甜麺醤を増やして調整したほうがいいと思います。今までに麻婆豆腐を自宅で作った事がありますがあまりうまくいかずどうしてかなと思っていましたが今回作ってみて豆豉が重要だと分かりました。豆豉をみじん切りにしているときは独特な匂いがして入れる必要があるのかと思いましたが、入れてみると独特な匂いは消え、味に深みを出してくれます。スーパーなどにも売っているので麻婆豆腐などの中華料理を作る際は入れるだけで本格的になるので是非使ってみてください!麻婆豆腐はただ辛いだけでなく美味しさもあるので中華料理が好きな人や汗をかきたい人は作ってみてはいかかでしょうか。

ブログランキングに参加しているので応援よろしくお願いします!

にほんブログ村

全巻セットはこちら