注目キーワード
  1. 料理
  2. 再現
  3. レシピ
  4. マンガ飯

[食戟のソーマ再現]豪雪うどん

こんにちは。プリンです。

今回は食戟のソーマ第21巻177話の進級試験でそうま達が作った豪雪うどんを作ってみたいと思います。

おまけにトッピング用のいももちの作り方を載せます。

材料紹介





正味とは皮を剥いた後の重さで、皮を剥く前が150g程度のじゃがいもを使用しました。
*うどん出汁




*トッピング



作り方

⑴じゃがいもは皮をむき、一口大に切って耐熱容器に入れて水大さじ2をふり、ふんわりとラップをして600Wの電子レンジで4分加熱する。

かなり熱くなっているので取り出す際は気をつけてください。ラップを取る瞬間が一番熱いです。

耐熱容器は小さくても良いですが小麦粉や片栗粉を混ぜる工程があるので大きいボウルなどを用意しておいてください。

⑵⑴のじゃがいもが熱いうちにマッシャーやフォークでつぶし、小麦粉、片栗粉、水を合わせてこねてひとまとめにする。

じゃがいもの量が少ないのでマッシャーよりフォークを使った方がやりやすいかもしれません。僕がマッシュポテトを作るときは200g以下だとフォーク、それ以上あるとマッシャーを使っています。

じゃがいもの食感を残したいときは少し荒くマッシュしてみてください。


少ないのでフォークが便利です
ひとまとめにする

⑶まな板に打ち粉をし、生地を二つに分けて丸め、手のひらでまな板に押しつけ麺棒で5mm程度の薄さになるまで伸ばす。好みの大きさ包丁で切る。

打ち粉をまぶすことでまな板に生地がくっつくのを防ぎます。

茹でた後、水を吸って大きくなるので好みの大きさの気持ち少し小さめで切るといいと思います。

伸ばすと生地が大きくなるので生地を折りたたんで切りたくなりますが、生地がくっついてしまうので折りたたまないで切りましょう。

打ち粉をしっかりまぶしましょう
好みの細さで切る

⑷麺をほぐし打ち粉をまぶす。たっぷりの湯を沸かし、麺が浮いたら5分茹でてざるに取り、流水で洗う。

流水で洗うことで麺の表面のぬめりを取ることができ麺にコシを出すことができます。

⑸うどん出汁の材料を鍋に入れて沸騰させ、麺を入れた器に注いで、お好みのトッピングをして完成‼︎

今回2人分作ったのですが最初にうった方はかなり太くうってしまいうどんとは言えないものになってしまいました、、

1回目
極太麺になってしまいました

2回目でちゃんと見せれるものができたので良かったです。

モチモチの麺に優しい味わいのスープが絡まります。普通のうどんよりモチモチであると思います。ただ、うどん打ちが上手くいかず想像していた以上に太くなってしまったので今度打つときはもう少し細く均等に切れるよう頑張りたいと思います。いももちはスープに浸すと柔らかくなりスープが染み込み美味しいので絶対あったほうがいいと思います。自分で打ったというのもあり市販のうどんより美味しく感じました。豪雪うどんは北海道倶知安町の料理で有名なので今度食べに行きたいと思いました。麺を打つのはかなり大変でしたが、やってみたらかなり楽しかったのでお子さんなどと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

おまけ

*トッピング用のいももち

材料紹介

じゃがいも・・・1個

片栗粉・・・大さじ2

塩・・・小さじ1/2

サラダ油・・・適宜

作り方

⑴じゃがいもは皮をむき、一口大に切って耐熱容器に入れて水大さじ2をふり、ふんわりとラップをして600Wの電子レンジで5分加熱する。

⑵⑴のじゃがいもが熱いうちにマッシャーやフォークでつぶし、片栗粉と塩を加えてまとめ、好みの大きさに丸めて、表面を平らにする。

⑶多めの油でじゃがいもを揚げ焼きにするか、蒸し器で蒸して完成‼︎

揚げ焼きにすると外はカリッと中はふわっと仕上がり、蒸すとモチモチの食感が楽しめます。カロリーを気にする方は蒸して作ってみてください。

左があげたもので右が蒸したものです

ブログランキングに参加しているので応援よろしくお願いします!


にほんブログ村

全巻セットはこちら